マイナチュレの育毛剤比較!他社とどう違うか見てみよう

マイナチュレ

育毛剤の口コミでは質が良くて女性に人気のマイナチュレ。ですが、ライバル製品とはどう違うのでしょうか。育毛剤比較をすると、どこにポイントを絞って購入を考えれば良いかが見えてきます。そこで今回は比較的若い女性に人気が高いことで有名な4商品(ルルシアルフレ、ルルシアシャルム、ベルタ、マイナチュレ)における育毛剤の違いについて、リサーチした結果をお伝えしましょう。

成分の種類が多いのはどこ?

人気の3社の中で、成分の種類や凝縮度が高いのは、ベルタ育毛剤でした。頭皮および毛髪ケア成分の24種類と、育毛・養毛成分の32種類が入っています。ルルシアでは、女性の頭髪タイプによっり2種類商品を作っており、それぞれ3種の育毛有効成分と7種のエイジングケア成分など、特徴に合わせて多くの成分を配合しています。マイナチュレは3種の育毛有効成分と27種の天然成分、そして10種のアミノ酸を配合しています。

成分内容の違いはどんなもの?

育毛剤比較をするうえで、成分の多さよりも内容がどうかの方が重要なのは言うまでもないことですよね。そこで改めてどんな成分なのかを詳しく見てみましょう。メインの有効成分が3種類なのはどこも同じでした。ただ、ベルタとマイナチュレはセンブリ、グリチルリチン酸2K、酢酸トコフェロールなのに対し、ルルシアルフレは酢酸トコフェロールの代わりに塩酸ジフェンヒドラミンを使用しています。酢酸トコフェロールが他の2成分の消炎効果や血行促進をサポートして同様の働きがあるのに対し、塩酸ジフェンヒドラミンは痒みを抑え、アレルギー症状を抑えるとされているものです。もしアレルギー体質で、頭皮のかゆみが強いタイプの人には、ルルシアが向いているかもしれませんね。ちなみにルルシアシャルムには酢酸トコフェロールや塩酸ジフェンヒドラミンの代わりにニンジンエキスが入っています。その他の成分はどれも主に天然成分やアミノ酸になるのですが、マイナチュレには、「頭髪に良い」ことがわかっているミツイシ昆布が豊富に入っています。

マイナチュレの育毛剤は育毛サイクルを整える

育毛剤比較をすると、いろんな角度から検討することができますよね。コスパが一番良いのはマイナチュレだという印象がありますが、自分の頭皮の状態で判断するなら、成分が合っているかどうかを見るのも重要な視点です。自分が重視する効果が脱毛予防なのか、育毛なのかでも違ってきます。マイナチュレは、どちらかというと育毛サイクルを整えて元気な毛に生まれ変わらせることに重点を置いているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました