マイナチュレは女性育毛剤と言われても発毛剤と何が違う?

マイナチュレ

薄毛がとっても気になって仕方ないところへ、マイナチュレの女性育毛剤がいいらしいよと友達に紹介された。そんな人も多いかと思います。初めて女性育毛剤というものを使うことになったなら、まずはその特徴から知りたいですよね。発毛剤というものもある中、なぜ「育毛」なのか、何が違うのか。しっかり特徴を知った上で、効果的に使ってみましょう。

育毛剤と発毛剤の違いは医薬品かどうかでまずわかる

マイナチュレの育毛剤は、医薬部外品です。そして発毛剤は、医薬品です。こう書くと、違いがハッキリしているのがわかるでしょうか。でも私たち一般人に医薬品と医薬部外品のどこがどう違うのかなんてイマイチわかりませんよね。なんとな~く医薬品よりも効き目が弱いだけとか?と思ってしまいそうです。でも、そうではありません。根本の目的が少し違うのです。

育毛剤と発毛剤は目的とする効果も違う

ヘアケア用品にはなんだか似たような言葉がたくさんありますよね。例えば発毛剤、育毛剤、発毛促進剤、養毛剤など。この中でも発毛剤と育毛剤の用途としては、発毛剤が薄毛の治療であるのに対し、育毛剤は抜け毛の予防が主なものになります。つまり、すでに生えている毛を頭皮を元気にしたり、発毛サイクルを正常にすることによって栄養を届け、抜けにくいように変えていくのが最大の目的です。結果として新たに健康的な毛が生えてくることも期待できますが、壮年期の薄毛には効きづらいとされています。一方、発毛剤は日本では唯一認可されている発毛成分、「ミノキシジル」が入っていて、その名の通り発毛を促す薬です。毛母細胞に働きかけ新たな毛髪を発毛させたあと、たくましい毛髪へと成長させるのですが、頭皮ただれなどの副作用があることでも知られています。

マイナチュレの女性育毛剤は健康的で若いうちに使うと効果的

頭髪が薄くなっていく原因は様々なものがあります。でも、老いによる男性型の薄毛以外の大多数が、頭皮の血行不良とホルモンバランスの乱れが原因で起こっているという研究結果があります。マイナチュレの女性育毛剤は、そんな要因でボリュームダウンした毛にこそ、効果があるものです。今ある少し元気のない毛を健康的に戻し、頭皮を若々しくよみがえらせましょう。そのためには、20代や30代など、若いうちに始めるのがより効果的なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました